白髪染めの効果とランキング

白髪染めの使用方法と手順

白髪めの準備

髪にワックスなどの整髪料がついているとカラーが浸透しにくくなります。白髪染めの前にはシャンプーをし、綺麗にしておきましょう。衣服への付着が気になる方はケープを用意しておくと良いでしょう。その他、鏡、時計、ヘアクリップ、タオルやティシュは手の届くところに用意しておきましょう。

白髪染めには種類がありますが、基本的な使用方法はどれも同じになります。必要なものを手の届くところに準備し、ヘアクリップで髪をブロッキングしたらいよいよ白髪染めの開始です。




ブロッキング

初心者でも綺麗に白髪染めを仕上げる為には髪をブロッキングする必要があります。以下の流れに沿ってブロッキングしてみましょう。

1)髪を両サイドとうしろの3セクションに分けます。ヘアクリップでうまくまとまらない場合はヘアゴムを使用して3つに分けるのもよいでしょう。髪の量が多い方は後ろの部分をさらにふたつに分けると塗料がぬりやすくなります。

2)次に1でブロッキングした髪をさらに上部、中部、下部の3つに分けていきます。まずは上部2/3をヘアクリップで上にあげ、髪の内側から塗料をつけていきます。
頭皮に近い根元の部分は体温で暖まりやすいので、毛先から順につけていきます。
髪の多い方は4、5回に分けると良いでしょう。

3)2のような流れで1セクションつけ終わったら同じような流れで次のセクションに移ります。




白髪染めの流れ

白髪染めには種類がありますが、基本的な使用方法は同じになります。ここでは一般的な流れを上げていきます。

1)準備
整髪料などがついている場合はシャンプーで洗い流し、白髪染めに必要なものを揃える。

2)塗料を混ぜる
1剤と2剤を混ぜる必要がある場合は材料を混ぜて塗料の準備をします。これは白髪染めの直前に行いましょう。しっかり混ぜることが色のムラを防ぎます。

3)塗料を塗る
髪のブロッキングをしたら体温で温まりにくい毛先から順に塗料を塗っていきます。

4)一定時間放置する
説明書に書かれている一定時間放置します。この時サランラップやビニール袋を被せるとカラーが浸透しやすくなります。髪が太くて硬い方でも説明書にある時間はオーバーしないように気をつけましょう。

5)洗い流す
一定時間放置したら塗料を洗い流します。付属にトリートメントがある場合は最後にトリートメントをしてから洗い流しましょう。付属にトリートメントがない場合でも最後にヘアトリートメントを使用することで髪へのダメージを防ぐことができます。




白髪染めの総合情報


白髪染めの評判と口コミ


サイト情報


Copyright (c)2011 白髪染めの効果とランキング AllRights Reserved.