白髪染めの効果とランキング

白髪染め選び

白髪染めの種類

間違いのない白髪染めを選ぶにあたり、まずは種類を知りましょう。
白髪染めにはヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染めの3つがあります。

まずはヘアカラー。持続期間は約2ヶ月で、長所はシャンプーをしても色が落ちないこと。短所は髪が伸びてくると根元が黒く見えるので定期的に染め直す必要があります。髪への負担はややありで、ご利用前にパッチテストの必要があります。

次にヘアマニキュア。こちらは上のヘアカラーに比べ持続期間が1ヶ月とやや短いのですが、化粧品の部類に属しているため髪への負担がかなり軽減されます。パッチテストも不要ですが、ヘアカラーと同じく、髪が伸びてくると根元が黒く見えるので定期的に染め直す必要があります。

最後に一時染め。こちらは白髪染めの中でも髪への負担は一番軽いものとされています。パッチテストの必要もなく、シャンプーをするとすぐに落ちてしまうので手間はかかりますが、日によって色を変えたい方や、自分にあった色がよくわからないなど、初心者の方にお勧めです。


白髪染め選びのポイント

白髪染めには幾つかの種類があり、色もダーク系から明るいものと数多くあることから、お勧めはこちら!と断言することはできません。
それぞれの髪質や頭皮、顔にあったものを厳選していく必要があります。
それではどうやって?という疑問をお持ちでしょう。ここでは白髪染めを選ぶにあたって、幾つかのポイントについてお話していきます。

1)髪質に合わせた選び方
髪質には太くて硬い髪質から細くて柔らかい髪質の方と、様々です。
太くて硬い髪質の方はどちらかというと染まりにくい為、希望の色よりもワントーン明るいものを選ぶ必要があります。同時に髪が太くて硬い方は髪が細い方に比べると髪が丈夫な方が多いので、髪へのダメージよりも確実に色が染まることを踏まえて選ぶと良いかと思います。

2)肌質に合わせた選び方
肌質には敏感肌の方、乾燥肌の方、混合肌の方など個人差があります。同時に、頭皮にも人によって質が異なります。どちらかというと敏感肌、という方は肌に負担の少ないヘアマニキュアから始めてみるのも良いでしょう。

3)薬の形状に合わせた選び方
白髪染めにはクリーム状のものと、液状のものがあります。クリーム状のものはだまになりやすいものの、液だれしにくいので使いやすいという利点があります。液状のものはだまにならず髪に浸透しやすいものの液だれしやすいので首や衣服がダメージを受ける可能性が高くなります。

4)使いやすさ
白髪染めにはワンステップで染められるものや1剤と2剤を混ぜてから使用するもの、また手袋がついているものや専用のコームがついているものなど様々です。自宅に手袋やコームがない方や初心者の方は手袋やコームがセットになったものが使いやすいでしょう。




白髪染めの総合情報


白髪染めの評判と口コミ


サイト情報


Copyright (c)2011 白髪染めの効果とランキング AllRights Reserved.