白髪染めの効果とランキング

かぶれない白髪染め選び

白髪染めがもたらす影響

加齢と共に気になってくる白髪。これをカバーする為に活躍してくれるのが白髪染め。髪の色が変わり若々しい姿を演出するだけでなく、自分にあった色を選べることからファッションの一部としても活躍してくれます。
しかし、白髪染めには髪の毛や頭皮へのダメージという難点もあります。ブリーチ系の白髪染めはシャンプーで色が落ちない長所がある中、髪の毛や頭皮へのダメージが強いという欠点もあります。髪の毛や頭皮へのダメージが重なると薄毛の原因にもなりますので、皮膚の弱い方や髪の毛が細くて柔らかい方、髪の毛が少ない方は特に気をつける必要があります。
そんなことから、近年ではより髪の毛に優しい白髪染めが売り出されています。


肌に優しい白髪染め

白髪染めには種類があるのをご存知の方もいるかと思います。
ブリーチ系のものは色持ちが良いという利点があると同時に髪の毛や頭皮へのダメージは大きなものになり、ぱさつきの原因にもなります。ここでは髪の毛に優しい白髪染めの種類を紹介していきたいと思います。

1)ヘアマニキュア
髪の毛の内部に浸透するヘアカラーとは違い、髪の毛の表面のみをコーティングして発色させてくれます。その為、ヘアカラーに比べアレルギー反応を起こす確率や髪の毛や頭皮へのダメージが少なくなります。発色や効き目はヘアカラーよりも弱くなります。

2)ヘナ配合白髪染め
ヘナとはインド北西部に自生する低木で、天然の色染めとして使用されてきています。ヘナは染毛剤としてだけでなく、欧米ではヘナタトゥーという一時的な刺青としても若者に人気があります。
アレルギー反応の原因を起こす可能性があるとされているジアミン系の染料の代わりにヘナを染料としている白髪染めは天然成分を使用している為、アレルギー反応を起こす可能性が低く、かぶれない白髪染めとしても人気があります。
しかし、中には染料のほんの一部しかヘナが配合されていないという白髪染めもあり、ジアミン系と合成されているものはヘナ配合でもかぶれる可能性があるので注意が必要になります。

3)白髪染めシャンプー
こちらはヘアカラーなどとは異なり、毎日シャンプーを繰り返すことで徐々に優しく染めていく白髪染めです。時間をかけてゆっくり染めていくので急激なアレルギー反応を起こす可能性が低く、毎日使えるために低刺激に作られているのが特徴です。自宅でヘアカラーをする時間がない人でも白髪染めシャンプーであればシャンプーをするだけで染めていくことができるので日々の生活に忙しい方にも適していると言えます。
ただし、ヘアカラーなどに比べると発色までに時間がかかることから、今までヘアカラーを使用してきた人にとっては物足りないと感じるかもしれません。




白髪染めの総合情報


白髪染めの評判と口コミ


サイト情報


Copyright (c)2011 白髪染めの効果とランキング AllRights Reserved.